SILKCROWN

シルククラウン

プロフィール

性 別:オス(セン馬)
誕生日:1998(平成10)年3月4日
出身地:北海道 新冠町
毛 色:鹿毛
父 親:ナリタブライアン
母 親:フェアリーユキ

父はナリタブライアン

 「ナリタブライアン」馬にあまり詳しくない人でも、この名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。中央競馬史上5頭目のクラシック三冠馬で、「シャドーロールの怪物」の異名で知られている名馬です。ナリタブライアンの父は、ブライアンズタイム。サニーブライアンやマヤのトップガン、ファレノプシスなど名馬がたくさん生まれています。そして一歳上の兄には、ビワハヤヒデがいます。ビワハヤヒデは1993年の年度代表馬、1994年は5歳以上牡馬で最優秀を受賞しました。
 名馬の弟は走らない、と言われたりもした当時ですが、ナリタブライアンはデビュー翌年の1994年春から圧勝を重ねていきます。皐月賞を勝ち、そしてダービーも5馬身の差を付けて勝利。二頭は史上最強の兄弟と言われ、ファンはナリタブライアンの三冠獲得に大変期待しました。そして、その期待を裏切ることなく、菊花賞では7馬身もの差をつけて圧勝。史上5頭目の三冠を達成します。さらに年末の有馬記念でも勝利し、1994年の年度代表馬の栄誉を得たのです。

ストーリー

 シルククラウンは、そのナリタブライアンの子どもです。ナリタブライアンの子は147頭と、とても少なく、現在も生きているのは数頭しかいません。引退後、種牡馬になったナリタブライアンでしたが、翌年に病気で死亡してしまったからです。子ども達は重賞で勝つことが出来ず、残念ながら種牡馬になった馬が出ませんでした。シルククラウンのデビューは2001年。しかし、成績は21戦3勝で、1000万以下ランクのレースへの参戦までで引退となりました
 その様子を見ていたナリタブライアンの大ファンが、ブライアンの子を乗用馬にしてもらいたいと願って、シルククラウンをイグレットに連れてきました。そこから、シルククラウンの新しい日々が始まりました。骨折が原因で引退したこともあり、しばらく静養していましたが、その後、乗馬へのトレーニングを開始。マジメなクラウンは、トレーニングも最初から素直で、わがままも言いません。マジメすぎて、むしろ年配の会員さんからは不安の声が上がったくらいです。というのも、何に対しても頑張りすぎるので、駈歩も最初からダッシュ! その勢いに、乗っている人がビックリしてしまうのです。
 そういうことを気にしないのは、ポニークラブの子ども達です。不安になるどころか、むしろ楽しい! はじめのうちは、子ども達のほうがクラウンに多く騎乗していました。ダッシュしてしまうのは、指示に敏感で忠実だからこそ、なんですね。といっても、最近のクラウンは歳をとったせいか、ダッシュはせず、ゆったりとした駈歩。ご年配の方も安心してゆったり乗せてくれます。今、最もご年配の方が安心するお馬さんです。2011年になると、競技会に初挑戦します。その後、年を重ねるごとに上達し、全日本馬場馬術大会への出場権を獲得。Sクラスで全国10位以内の成績を収めます。シルククラウンは、乗馬で新たな才能を開いたのです。人といるのが好きなので、会員さんからも厚い信頼を得ています。

何でもやってくれる、気がいい先生

 律儀でマジメなクラウンは、誰が乗っても安心できる馬です。体つきがコンパクトなこともあって、 速歩のリズムがどうしても速くなってしまうので、多少乗りづらく感じる人もいますが、駈歩になると一変します。まるで、ゴムまりのような滑らかな動きで、とても気持ちが良い乗り心地になります。そんなクラウンの駈歩は、競技会でも審判員の高評価を得ています。競技会出場は引退しましたが、駈歩をマスターしたい、さまざまな技を身に付けたい時は、クラウンが最適です。なぜなら、「こんなにゆっくりした駆歩が出来るなんて!」と驚くほど、とてもゆっくりとした駈歩が出来るからです。細かい技も得意なので、軽い合図でいろいろな技を繰りだしてくれます。シルククラウンは乗り手にとって、優しくて気がいい先生です。
 そんなクラウンにも、苦手なものがあります。それは虫!敏感なクラウンは、ハエが体に近寄ってくると、避けたり払ったりするのに必死です。トレーニングをしていても、しっぽでブンブン追い払いますし、常歩中でも、急に後ろ脚で自分のお腹を叩く始末。虫が多くなる季節にクラウンに乗る時は、すこし注意が必要かもしれません。
 会員さんに“クラ子“という愛称で呼ばれたりするほど、人気のクラウンには、ちょっとお茶目なクセがあります。ふすま入りのジュースが大好きなクラウン。ジュースをあげると、必ず「ブフォッ」と咳をします。その時、つい力が入ってしまうのか、「プーッ」とオナラの音が!ジュースを飲むクラウンからは毎回、咳とオナラの音がセットで聞こえてきます。二つ目は、おトイレの時。クラウンはトイレをする時、必ず「う~~~」と声が漏れます。しかも、おしっことウンチで、微妙の声のトーンが違うのです。おしっこの時は、力が抜けたような「あーーー」、ウンチの時は、少し力が入った「う~~」という声。そこがちょっぴりオジサンっぽくて、最高にかわいいところです。
 イグレットを訪れたお客さんに「このシルククラウンは、ナリタブライアンの子なんですよ」と紹介すると、一様に「あのナリタブライアン! こんなところで子どもに会えるなんて!」と驚かれます。そんなクラウンの馬房の両隣は、気が強い女子ウマたち。そんな環境でも動じず、すんなり溶けこめてしまうのが、持ち味の一つです。あまり怒ったりしないジェントルマンなクラウンです。そのコンパクトな体つきは、遠くから見てもクラウンとすぐに分かります。その姿は、どことなくナリタブライアンを思いださせます。