乗馬倶楽部イグレット / 受付時間 : 06:00〜12:00(月曜定休)お問合せ→ Tel : 0120-5-19010(ゴーイグレット)
Egret
 

イグレットとは
ポニークラブ
体験乗馬
スクール
会員
写真館
リンク
アクセス
Facebook Twitter YouTube

引退馬協会※当乗馬クラブはフォスターホースの繁養先です
被災馬INFO
FollowupProgram
乗馬倶楽部イグレット
イグレットが大切にしていること
Guignol-Gizmo 当乗馬クラブでは、ただむやみに馬に乗るだけではなく、馬をよく知り馬を理解すること、馬と人が無理のない関係を作ることによって、乗馬技術も進歩し、楽しく充実した乗馬ライフに繋がると信じます。
納得できるレッスン
イグレットの乗馬レッスンは一人から三人の少人数レッスン。高度な技術を持ったスタッフにより、じっくりとその方、その馬に適した乗り方を指導し、馬との一体感をさらに感じていただけることを目標としております。
きめ細やかな調教・管理
Reborn馬にとってストレスのない調教・管理を行うことにより、馬の能力や本来の姿をひき出すよう努力している乗馬クラブです。
ゼロから馬を作るノウハウの実績
イグレットの馬はほとんどがゼロの段階から調教しています。内国産の乗用馬、引退競走馬、1頭1頭の違った能力や性格や癖に出会いながらの調教が今の経験になりました。
そして最も大切に考えている「どんな馬にも隠れた能力がある」を信念に馬の能力を最大限に引き出す調教を心がけています。
少人数が基本のレッスン
充実したレッスンを考えるなら、マンツーマン、または少人数は必須です。
馬への指示やコントロールは、大勢では無理があります。
馬は群れを好む動物ですから、前の馬に従って速歩をしたり、曲がったりと、大勢のレッスンでは指示もしないのに動いてくれることが多くなります。
馬を終生見守っていく
馬は歳をとって働けなくなると、処分されてしまうことが少なくありません。
それは長年私たちを乗せてくれ、楽しませてくれた馬にとって大変不幸なことです。
そして私たちにとっても、悲しみとともに大きなストレスとなります。
イグレットでは歳をとった馬を場内で自由人としてゆっくり生活させたり、他に預託したりと、最後まで見守っています。
馬の可能性を伸ばすために、ストレスのない生活を
馬は本来、草を食べながら1日に何十キロも移動する動物です。
厩舎に入れっぱなしでは、ストレスと運動不足が溜っていきます。
イグレットは、乗馬クラブでは珍しくウォーキングマシンの常歩(なみあし)運動を取り入れ、その後に放牧をしたり騎乗運動をするなど、なるべく馬を外に出し、ストレスのない生活を心がけています。
Equestrian Club Egret
Copyright 2004-2016 Equestrian Club Egret. All right reserved. Site Developed by H.Tach.